学生がアコムで20万円を即日融資で手に入れることは可能?

point01

20万円という多額の資金を用意したい場合、貯金で賄う、あるいは誰かに借りると良いでしょう。しかし、20万円という額を考えると、どちらも難しい選択になります。

貯金で賄う場合、いざというときに取っておいた金額を失うので、不安になるでしょう。誰かに借りる場合、信用を失うことに繋がるので注意です。だから、即日融資を受けられる消費者金融の利用がオススメです。

消費者金融は、レイクやアコム、アイフル、プロミスなどが代表的で、どこも即日融資を受けられる特徴があります。審査時に収入があることを伝えれば、問題なく20万円の即日融資が受けられるので安心です。

即日融資が受けられる理由は、審査が1時間もかかないこと、ハードルが低く設定されていることです。収入があり、勤務先があることが条件であり、これさえ整っていれば審査には通ります。

20万円以上を借りられるようになるので、安心して審査を受けましょう。審査を受ける際、無人機で受けることができ、誰かに知られることなく済みます。

また、即日融資を受けたことも知られないのでも問題はありません。ただし、返済が滞ってしまうと誰かに知られてしまう恐れがあるので、お金を借りる際は返済計画を立てるようにしましょう。

審査を受けているときに、希望する借入金額がいくらか質問されます。余裕を持って30万から40万円程度で伝えておくと、いざというときに対応できるようになります。

優先すべき20万円の即日融資は叶うので、どの消費者金融にするか考えておきましょう。

学生でも借金出来るアコム

学生は借金などできないイメージがありますが、今の時代は問題なくお金を借り入れることができるのです。多くの金融業者では学生への融資も積極的に行っており、非常に有名なアコムに関しても、そういったサービスを提供しているのです。

学生であっても飲み会や旅行、さらには就職活動や資格の取得などで、多くの出費を伴うこともあるでしょう。アルバイトの給与が振込まれるまでやり繰りするのが難しい状況だと、借りるという選択をするしかないわけです。

ただ、親や友達に借りるわけにもいかないでしょうから、アコムのような金融業者から借入を行うのです。

では、なぜ学生でもアコムでお金を借りることができるのでしょうか。収入が少ない状況で借金をするわけですから、普通であれば難しいイメージを持つかもしれません。

確かに、学生は収入面では社会人より遥かに少ないですし、フリーターにも劣ってしまうでしょう。しかし一方で、身分の方は正社員と同じぐらい安定していると言えるので、だからこそアコムを始めとした多くの業者が、積極的に貸し付けを行っているのです。

融資だけに限らずクレジットカードの発行に関しても、多くのカード会社が学生に対して発行を行っているので、それぐらい地位は高いと言えるわけです。審査の方もそこまで厳しくないので、よほど問題がなければスムーズに借りられるのです。

もちろん、利用限度額は低く設定されますし、決して多額の借金ができるわけではないですが、だからこそ安心して利用できるのです。

アコムやプロミスって学生でもフリーターでも無職でもお金を借りれる?

mgakusei

アコムやプロミスは、安定した収入があれば借入申し込みの手続きができます。ただし、アコムやプロミス等の消費者金融、ほとんどの金融機関では、成人していないと借入の契約が無効になってしまうので、20歳以上でないと申し込みの受付が不可になります。

正社員であっても原則として借入は認められていないため、注意が必要です。

就業形態が問われることは少なく、フリーターやパートのように非正規雇用の方でも受け付けられる可能性が高いでしょう。

学生の場合も20歳以上で、何らかのアルバイトをしていて、毎月定期的な収入があればほぼ問題がありません。

無職の場合は、総量規制の規定があるために、アコムやプロミス等の貸金業系の金融機関からは借入ができません。

専業主婦や年金生活者、アルバイトをしていない学生の場合は、総量規制の適用外の銀行系カードローンで借入できることがありますが、独身で全く収入のない方の場合は返済能力がないため、借入の契約は難しいです。

アコムやプロミスで借入をする場合は、年収の3分の1以内の限度額までとされますので、10万円借りたい場合は最低でも30万円の収入が必要となりますが、返済能力を考えて80万円前後の年収があった方が審査に通りやすいと言われています。

月6万円程度の収入があれば、学生のアルバイトやフリーターの方では難しくはないと思われます。

学生は学業がありますので、多くの収入を得るのが難しいですし、主婦のアルバイトの場合は、配偶者控除や社会保険の加入義務の問題もありますので、収入を100万円以内に抑えている方も多いです。

審査では、年収の多さよりも、他の借入の有無やきちんと返済できるかが問われることがありますので、信用情報に問題がなく、在籍確認を受けられたり、給与明細等の書類を提出できたりすれば、問題なく手続き出来るでしょう。